みなさんこんにちは(・∀・)

今日は暗い暗いと前から気になっていたスイフトのヘッドライトをHIDに交換してみたいと思います!

HID交換は純正ヘッドライトが暗くてお困りの方におすすめです!
今回は社外HIDを取り付けるので自分で施工すれば1万円前後でHID化することができます。

私なんて安いHIDを使ったので3,000円でお釣りがきました(笑)
コスパ最強のHID交換方法を紹介します。

まずは道具を揃えよう! HID化に必要なもの

HID交換をはじめる前に使う道具を紹介します。

xzoneHID取り付けレポート_スイフトエンジンルーム
HID化に必要なもの

❍ HID本体(キット)
❍ ゴム手袋
❍ 結束バンド
❍ 絶縁テープ
❍ レンチ

HID本体 HIDキットが手軽でおすすめ

XZONE 極薄安定型 HIDキット H4 スライド式 リレーレス 35W 極輝型バルブ 6000K 交流式 快速点灯 ヘッドライト/フォグランプ対応 3年保証

まずはHID本体を買いましょう。

HIDは店頭でも買えますが社外HIDは圧倒的にネットの方が安いのでネットで買うことをおすすめします。

HIDの選び方おすすめHIDについてについて詳しく紹介していますのでよければ参考にしてみてください。


Amazonで売れているHIDはこちら↓

色は白色系で私が乗っている平成21年式スイフトにも対応しています。

「ゴム手袋」は必須 3Mの手袋なら細かい作業もできるのでおすすめ

3M コンフォートグリップ グローブ グレー Lサイズ GLOVE-L

ゴム手袋はHID交換を行う際に必須アイテムです。怪我しないという目的もありますが、それよりゴムは電気を通しませんので必要になってきます

3Mのゴム手袋は密着性が高いので細いボルトや工具を持った時に滑りにくいのでおすすめ。

「レンチセット」バッテリーを外すのに必要

SUN UP コンビネーションレンチ 6丁組

HIDは高電圧が流れますので作業前にバッテリーを外さないと絶対NG

レンチセットはバッテリーを外す時に必要な工具ですので持っていない方は用意しておいてください。

「絶縁テープ」HID配線の浸水・ショート防止に必要

ニトムズ 電気絶縁用アセテート布粘着テープ No.5 19mm×20m J7112

絶縁テープはHIDを取り付けた後に使います。配線の繋ぎ目に水が浸水しない・ショート防止に使うので重要なアイテムです。

ない場合は用意しておきましょう。

「結束バンド」HID配線とバラストの固定などで使う

ELPA 結束バンド ワンタッチロック方式 200mm 100本入 ホワイト KBF-200100C(W)

結束バンドはHID配線やバラストの固定をする時に使います。5本ぐらいあると足りますが100本入りでも安いのでどこかで買って用意しておきましょう。

また、車種によって結束バンドを固定できるスペースが小さい場合があります。なので細めの結束バンドを用意しておくと良いかもしれません。

HID取り付けを行う際の注意点

HID取り付けに必要な道具を一通り紹介したところで、HID取り付けを行う際の注意点を紹介しておきます。

注意

この記事で紹介している施工事例はあくまで一例です。
作業は自己責任で行ってください。取り付けに自信がない方は、近所の車屋さんに取り付けを相談してみてください。

【感電に注意】HIDには高電圧が流れてる

作業途中にいきなり火花を散らしたり爆発することはありませんが、HIDには高電圧が流れています。

なのでバッテリーは必ず外す、ゴム手袋を使って作業してください。

社外HIDは規格・車検対応か必ず確認する

社外HIDを購入する場合、自分のクルマのバルブ形状に対応してるか・車検対応なのかを必ず確認してください。

安かったからX-ZONEのHIDを購入

さて、今回私が購入したのは「X-ZONE」というブランドのHIDになります↓

xzoneHID取り付けレポート_


購入の決め手は公式Webサイトでしっかり紹介されていたことと、安かったから!(笑)
こちらのHIDは車検対応で3年間の保証付きです。


付属品はこんな感じ。
厳重に梱包されています↓

xzoneHID取り付けレポート_内容物


説明書は日本語↓

xzoneHID取り付けレポート_説明書


配線類一式↓

xzoneHID取り付けレポート_リレーレス配線


そしてゴム手袋。
これ大事!!↓

xzoneHID取り付けレポート_必要な道具 ゴム手袋

スイフトにHIDを取り付け

では実際にスイフトにHIDを取り付けていきましょう!今回は初心者にも分かりやすいように書いていきますね・ω・

①バッテリーを外す

まずはバッテリーを外します。

②取り付けるHIDバルブのカバーを外す

まずは取り付けるHIDバルブを準備します。表面に付いてるのは電球部分を保護する為のカバーなので外します↓

xzoneHID取り付けレポート_HIDバルブ


取り外すとこんな感じ↓

xzoneHID取り付けレポート_バルブHID

電球部分は手で触らないようにしてください。この状態にしたら、一度箱に戻しておきます。

③配線する

電球側の準備ができたら、ちゃちゃっと配線しちゃいましょう。

今回私が購入したのは「リレーレス」というタイプのもので、これは初心者でも比較的取り付けがしやすい種類になります。

xzoneHID取り付けレポート_リレーレス配線 方法


今回はリレーレスの配線方法の紹介になります。

リレーレス配線とは?

リレーレス配線とは、バッテリーから直接配線するタイプではなくバラスト(黒い箱みたいなもの)で電圧を調整し出力する配線方法。

バッテリーに直繋ぎしなくて良いので初心者でも比較的簡単にHIDの取り付けが出来る優れもの


まずは付属してきた配線を説明書の通りに繋げていきます。プラスとマイナスを間違うとショートする原因になるので注意↓

xzoneHID取り付けレポート_配線方法


配線に間違いなかったら用意しておいた絶縁テープを先に貼っちゃった方が楽です。車種によってエンジンルームが狭くなっているので…

xzoneHID取り付けレポート_6000k


配線がだいたい組み上がったらバルブも一緒に配線しちゃいましょう↓

xzoneHID取り付けレポート_HIDバルブを取り付け

※車種によっては繋ぐとやりにくい場合もあるので自己判断で

これで配線は完了です。

④元から付いている純正・社外ハロゲン球を取り外す

配線が完了したら元から付いている純正・社外ハロゲン球を取り外していきます。

まず左側から↓

スイフライト交換

スイフトのエンジンルームは狭いので比較的手が細い私でも苦戦しました。どうしても届かない場合は面倒ですがバンパーを外してしまった方が早いかもしれません。


黒蓋を取り外す↓

スイフトヘッドライト交換


左右にツマミがあるので手前に引っ張ると外れます。取り外したパーツはこれ↓

IMG_3050


取り外したゴム蓋はこちら↓

スイフト ヘッドライト防水ゴム

これはヘッドライトに雨水が入らないようにする重要なものなで作業後にはしっかりと戻しましょう。

もし、取り外す過程で破損してしまった場合は楽天市場で同じのが売っているので(スイフトの場合)ケチらず買いましょう。年式が古いクルマだと劣化している場合もあります。

下記楽天ショップは各メーカーの純正パーツを専門で扱っていますので探してみてください。


続いてハロゲン球を取り外します。ネームプレートなどに使われている安全ピンのような構造で固定されています。↓

IMG_3053


ピンを外すとバルブが取れます↓

IMG_3052


ハロゲン球と繋がっていた配線も外します↓

IMG_3051


海外のコンセントみたいな形してるやつです。この要領で反対側も作業しちゃってください↓

xzoneHID取り付けレポート_バッテリーから電源取り出し

⑤HIDを取り付け

今度は外した時の同じ要領でHIDを取り付けていきます。配線は前で紹介した通り終わっていますので簡単ですね。

バラストはこんな感じで固定しておけばOK↓


要するに走行中にグラつかなければ大丈夫です。結束バンドのほか3Mの強力両面テープなどを活用しました。


以上でHIDの取り付け交換作業は完了です!

社外ハロゲン球とHIDの明るさを比較してみた

最後に社外ハロゲン球とHID交換後の明るさを比較してみました。

交換前:ハロゲン球

純正ヘッドライトの色がオレンジ色でダサかったので、一度K(ケルビン)数の高い社外ハロゲン球に交換していましたがそれでも暗かったです。

HID交換後かっこいい


それでもオレンジ色っぽかったです↓

HID交換後ヘッド


ロービーム時の明るさはこんな感じ↓

xzoneHID取り付けレポート_ハロゲン取り付け前


ハイビームはこんな感じ↓

xzoneHID取り付けレポート_ハイビーム 取り付け前

交換後:HID 6000K(ケルビン)

続いてHIDに交換した後がこちら↓

スイフトにHIDを取り付けてみた after

この時点でもう色が白くなったのが分かります!!6000Kだとこんな感じになります。これならドレスアップにも良いですね。

ちなみにこれ以上青くすると車検に通らなくなりますので、程々に留めておくのがおすすめです。

IMG_3111


ロービームではこんな感じ↓

HID交換後ロービーム


そしてハイビームはこんな感じ↓

HID交換後ハイビーム

いかがでしょうか??

iPhoneで撮ったのでイマイチ違いが分かりにくい気もしますが、肉眼でみると一目瞭然!!

これはマジで良いです(・∀・)イイ!!


今回は自分でHIDを取り付けたので工賃はタダ!!

特殊な工具も必要なく、せいぜい手袋とレンチがあればOKなのでかなり安く上がりました!


HID本体も3,000円以下で買ったので驚異的なコスパを実現しました!
もう、大満足です!!

私は夜の運転や山道走行が多いので、これでもう安心です!

みなさんも夜間走行が多い方はHIDの取り付けを検討してみてはいかがでしょうか。

HIDの明るさは一度使うともうハロゲンには戻れません!

それぐらい違いが分かります!

HIDおすすめです!

【余談】HIDにしたらポジション球もLED化するのがおすすめ

余談ですがHID化したらポジション球もLED化することがおすすめです!

というのもポジション球が純正だとHIDと色が異なるので統一感に欠けます←とsugiは思っています。

まぁ、自己満足の話になりますがせっかくHID化したらポジション球も合わせて交換してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で