スポンサーリンク

こんにちは、学生スイフトオーナーのsugiです。

今日はちょっとショッキングな出来事があったのでブログに書いておこうと思います。。

タイトルにもあるとおり、我が愛しの愛車、スイフトを洗車しているとボディー表面に点々・粒状のサビのような汚れが付いているのを発見↓

th_IMG_1953

なんじゃこりゃーー!!

これまで多くの愛と情熱を注いで洗車してピカピカにして乗っていたスイフトがグレました。ショックです。発狂モノです。

・・・

ボディーに付いた粒状の汚れの正体は「鉄粉・タールピッチ」

気になってネットで調べてみるとすぐに正体が判明しました。通称「鉄粉」とよばれる汚れで、別名では「タールピッチ」などと呼ばれているようです。

sugiは車を買ってまだ1年ちょいなので、

avatar
sugi
え?なにそれ落とせるの?大丈夫なの??

ってなりましたが、結論から言えば下記のようなアイテムを購入することで落とせます。以下で詳しく紹介していきます↓

迷惑な「鉄粉・タールピッチ」とは?

こんな感じにボディー表面に錆のような感じで付着しているのが「鉄粉・タールピッチ」です。スイフトに付着した”忌まわしき”タールピッチがこちら↓

th_IMG_1953
th_IMG_1953

sugiは1週間に1回か、2週間に1回ぐらいのペースでこまめに洗車をしていたのですが、、

ちょーっと洗車をサボった一冬の間でこんなに付着するなんて、、((アリエナイ))

鉄粉やタールピッチが付く原因と理由

鉄粉やタールピッチがボディーに付着してしまう原因は、舗装してまだ間もないアスファルトの上を走ったり、夏の日差しで暑く焼けた道路とかを走ると付着するようです。

ネットには「アスファルトの上を走っている限り絶対に着くものなので仕方ない」という説明もあり、定期的に鉄粉取りやタールピッチ落としを行う必要があるようです。

完全には防げないですが、付着をなるべくさせたくない場合はガラスコーティングやワックスなどのコーティングをこまめに行うことで幾らかは防ぐことができるようです。タールピッチの成分は油なので、油を分解すればキレイに落とせるようです。

「鉄粉・タールピッチ」を落とす3つの方法

鉄粉・タールピッチを落とす方法ですが、今回は3つの方法を紹介したいと思います。ひと通り読んで頂いて、それぞれ好きな方法で施工すればOKです。

スプレータイプ(シリコーン)系で落とす方法

まずはスプレータイプ(シリコーン)系で落とす方法があります。

sugiは近所のカー用品で購入した、ソフト99などから発売されている「ピッチクリーナー」という商品を試してみました↓

th_IMG_1951

スプレータイプは、ガソリン系の物質とシリコーンが入っているものが主流で、タールピッチが付着している部分にスプレーして布で拭き取る方法になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

強く擦らずタールピッチを落とせる点は魅力的ですが、実際に使ってみると大きなタールピッチを落とすのはやや大変でした。一度で落ちないものは、何度か繰り返し施工が必要かもしれませんね。

付着して間もないタールピッチや、小さなものは一発で綺麗に落とせました!


これが↓

th_写真 2015-04-12 10 17 55


ここまで綺麗になりました↓

th_IMG_1952

そのほか、虫取りなどにも使えるのでフロントバンパーに虫が付着してお困りの方はぜひ試してみてください。

「粘土クリーナー」を使う方法

2つ目は「粘土クリーナー」を使う方法。

コーティング屋やちょっとお高い洗車屋さんなどのプロも使用しているもので、コーティング前の下地作りにも使われます。

今回は「シュアラスター」という会社から販売されている「ネンドクリーナー」を試してみました↓

th_写真 2015-04-12 10 16 51


見た目どおり粘土みたいな感じなので、頼りない感じに見えますが、タールピッチはこれでバッチリ落とせます!

仕上がりレベルで言えば、最初に紹介したスプレー式より確実に100倍綺麗に仕上げられます。

唯一の欠点は、手作業で擦る必要があるので大きなボディーの車は時間が掛かることですね。。
sugiもスイフトに施工しましたが1時間ぐらい掛かりました。


実際に「ネンドクリーナー」を使って落としたボディーがこちら↓

th_写真 2015-04-12 10 22 59

光の加減もありますがとても綺麗になりました!!

スポンサーリンク

粘土クリーナーの注意点としては、研磨剤の成分が入っているので長時間同じ場所を擦り続けるとボディーが傷んだりハゲたりする場合があるので注意すること。

鉄粉落としはこちらを使ってみて

鉄粉は化学反応させて落とすことができる製品が多く出ているので、以下を試してみてください。化学反応によりボディーが一時的にグロテスクな色になりますが、効果は抜群です。

「タールピッチ」を落としたらコーティングも検討してみて!

上記で紹介した方法でタールピッチと鉄粉を綺麗に落とすことができると思います。

ここまで、せっかく苦労してタールピッチを落としたら、この機会にぜひボディーコーティングをしておくことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、車のボディーにいつの間にか付着した「茶色い斑点」「サビみたいなもの」の正体と落とし方について紹介してみました。

車を納車したばかりの方は、錆と見間違ったり、正体が分からず困っている方もいるかと思いますが、正体は「鉄粉・タールピッチ」とよばれるものです。

これらを落とす方法は上記で初回したとおりですので、機会があればぜひ鉄粉・タールピッチ落としをやってみてください!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で