スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今日は前から気になっていた『スイフトのヘッドライト』を交換してみたいと思います!

純正のヘッドライトが暗くてお困りの方はHID化も考えてみてはいかがでしょうか。

かなり快適になるのでHIDはおすすめです。

 

今回は社外ハロゲン球から社外HIDに交換です。

ついに我がスイフトもHIDデビューする日がやって来ました。

これから自分でHIDに交換してみようと思っている方は参考にしてみてください。

車種は違えど基本は一緒です。

 

スイフトにHIDを取り付け 用意するもの

最初に注意点を書いておくと、HIDというのは非常に電圧の高い製品ですので感電しないように施工中はバッテリーを外す・ゴム手袋を使うなどの配慮を忘れずに行って下さい。

 

まずは用意するものから。

スポンサーリンク

以下HIDの取り付けに際し準備するものです。

 

HID本体『激安爆光 極薄HIDキット55W H4兼用型 6000K 極輝型バルブ』

激安爆光 極薄HIDキット55W H4兼用型 6000K 極輝型バルブ  極薄安定型 快速点灯 ヘッドライト/フォグランプ対応 1年保証

こちらはAmazonで評価の高いHIDです。

車検対応・白光(6599K)でスイフトにも対応していて5千円以下で購入することが出来るのでおすすめです。

 

その他おすすめのHIDはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【保存版】絶対に買って損しない おすすめHID まとめ

 

ゴム手袋 『3M コンフォートグリップ グローブ グレー Mサイズ』

3M コンフォートグリップ グローブ グレー Mサイズ GLOVE-M

ご存知の通りゴムは電気を通しませんので今回の作業には必須です。

 

バッテリーを外す工具『SUN UP コンビネーションレンチ 6丁組』

SUN UP コンビネーションレンチ 6丁組

バッテリーを外す時に必要な工具になります。

こちらは持っていない場合には準備しましょう。

バッテリーを外さないでHIDの施工は大変危険です。

 

絶縁テープ 『ニトムズ 電気絶縁用アセテート布粘着テープ No.5』

ニトムズ 電気絶縁用アセテート布粘着テープ No.5 19mm×20m J7112

HIDを取付けた後に接続部分に水が浸水しないように使います。

 

結束バンド 『ELPA 結束バンド ワンタッチロック方式 200mm 100本入』

ELPA 結束バンド ワンタッチロック方式 200mm 100本入 ホワイト KBF-200100C(W)

結束バンドも用意しておくと便利です。

使い道は配線を束ねたり、バラストを固定するのに使います。

 

購入したHIDを開封

私が今回購入したのはこちら。

X-ZONEというブランドのHIDです。

xzoneHID取り付けレポート_

HIDについては、価格よりも『車検対応』であることと、購入者のレビューを確認してみると良いと思います。

 

おすすめHIDは別記事で詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

【保存版】絶対に買って損しない おすすめHID まとめ

スポンサーリンク

 

スイフトのバルブ形状は『H4』ですので、H4バルブで車検対応のHIDを購入しました。

この記事を書いた時に売上ランキングで上位に入っていた商品です。

 

内容物はこんな感じ↓

xzoneHID取り付けレポート_内容物

 

説明書も日本語で付属してきました。xzoneHID取り付けレポート_説明書

 

配線も一緒に入っています。
xzoneHID取り付けレポート_リレーレス配線

 

そして、最初に紹介したゴム手袋。

しつこいですが、今回は電気を扱うのでゴム手袋は必須です。
xzoneHID取り付けレポート_必要な道具 ゴム手袋

 

HID取り付け方法

では具体的にHIDを取り付ける方法を紹介していきます。

今回は初心者にも分かりやすいように書いていきます。

 

まずは取り付けるHIDバルブを準備します。

今回取り付けるHIDバルブはこちら↓

xzoneHID取り付けレポート_HIDバルブ

表面に着いてるのは電球部分を保護する為のものなので取り外します。

 

取り外すとこんな感じ↓
xzoneHID取り付けレポート_バルブHID

注意:電球の部分を素手で触らないように注意して下さい。

この状態にしたら一度横に置いておきましょう。

 

先に配線を済ませてしまいます。

スポンサーリンク

今回私が購入したHIDは『リレーレス配線』という種類のもので、初心者でも比較的取り付けがし易い種類になっています。

 

リレーレス配線とは?

リレーレス配線とはバッテリーから直接配線するタイプではなく黒い箱状の物体を用いることで、電圧を調整し出力することが出来る装置です。
これがあることで初心者でも簡単にHIDの取り付けが出来る優れものです。

 

付属してきた配線を説明書の通りに接続していきます。

xzoneHID取り付けレポート_リレーレス配線 方法

 

配線が間違っていないことを確認したら前の方で紹介しておいた絶縁テープを巻いちゃって下さい。
xzoneHID取り付けレポート_配線方法

 

配線がだいたい組み上がったらバルブにも配線しちゃいましょう。

xzoneHID取り付けレポート_HIDバルブを取り付け

※車種によっては繋いじゃうとやりにくい物もあるのでそこは自己の判断で。

 

xzoneHID取り付けレポート_6000k

これで配線は完了です。

 

次は、いよいよ車にHIDを取り付けていきます。

私も今回がHID取り付け初作業だったので説明書とiPadを用いて作業を行いました。
xzoneHID取り付けレポート_スイフトエンジンルーム

 

まずは左側から。

スイフトのエンジンルームは狭いので比較的手が細い私でも取り付けは難航しました。
スイフライト交換

 

 

まずは↓の黒蓋を取ります。

スイフトヘッドライト交換 IMG_3050

そこの左右のツマミを引っ張ってゴムの蓋を取ります。

周りの配線に注意して下さいね。

 

ゴム蓋というのはこちら↓

スイフト ヘッドライト防水ゴム

こちらは、ヘッドライトに雨水が入らないようにする重要なものなで作業後にはしっかりと戻すようにします。

絶対です!

 

万一、破損してしまった場合にはネットで売ってたのでケチらず買うことをおすすめします。

下記リンクのショップサイトは、スズキ車以外にも各社の純正パーツを多く扱っているのでおすすめです。

 

楽天市場で各社純正パーツを購入

 

続いて前のヘッドライト(ハロゲン球)を取り外します。

IMG_3053

小学校のネームプレートの裏についている安全ピンのような構造です。

 

それを外すとバルブが取れます。

IMG_3052

取り外したら、今度はHIDの電球を取付けます。

 

取り外しが終わったら今までハロゲン球が付いていたコンセントみたいなプラグと接続します。
IMG_3051

 

↓これですね。

xzoneHID取り付けレポート_バッテリーから電源取り出し

 

こちらを接続すればHIDの配線と取り付けは全て完了です。

ちなみにHIDのリレーレスの黒い箱などは近くにネジ留めするなり結束バンドで安全な位置に取り付けておけばOKです。

要するに走っている時にぶつかったりしなければOKです。

ポイントとしてはエンジンの近くに設置しないことぐらいです。熱を持ちますので。

 

【余談】HIDを取り付けたらポジション球もLED化するのがおすすめ

余談ですが、こないだ買ったLEDポジション球がいい感じだったので紹介です。
ポジション球T10スイフト

LEDポジション球は明るいので良いですよ(・∀・)イイ!!

ドレスアップも兼ねてLED化するのがおすすめ。

ヘッドライトをHID化したらぜひ一緒に交換したいですね。

 

ハロゲン球とHIDの明るさ比較

では取り付け前と後でのビフォー・アフターを見てみましょう。

まずはハロゲン球。

こちらも純正から一度ハロゲンに交換してましたがやっぱり暗かったです↓

HID交換後かっこいい

 

こんな感じです。

色が橙色っぽいのが分かるかと思います。
HID交換後ヘッド

 

ロービーム時はこんな感じ。
xzoneHID取り付けレポート_ハイビーム 取り付け前

 

ハイビーム時はこんな感じ。xzoneHID取り付けレポート_ハロゲン取り付け前

 

続いてHID。

この時点でもう既に白く明るいのが分かります。

スイフトにHIDを取り付けてみた after

 

さすが6000Kなので白色ですね。

ドレスアップにも良いですよね(・∀・)イイ!!IMG_3111

 

ロービームではこんな感じ。HID交換後ロービーム

 

ハイビーム時にはこんな感じ。
HID交換後ハイビーム

 

どうですか?

アイフォンで写真撮ったので違いが分かりにくい気もしますが、近場をちょっと走っただけで違いは一目瞭然。

 

自分でHIDの取り付けが出来ればこれが5000円以下というから驚きです(・∀・)

個人的には大満足です!

もう、断然明るくなりました!

私は夜の運転が多いのですが、これでもう安心ですね!

 

夜間走行が多い方はHIDの取り付けを検討してみてはいかがでしょうか。

HIDの明るさは、一度使うともう辞めらません。

おすすめです。

 

おすすめHIDは別記事で詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

【保存版】絶対に買って損しない おすすめHID まとめ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で