スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

今回は私が過去にやっていた『在宅ライター』の話をしたいと思います。
これから在宅ライターをやろうと思っている方は参考にしてみてください。

私が在宅ライターを始めた経緯

私が在宅ライターを始めたのは高校1年の夏頃。

アルバイトを始める友人を横目に在宅ライターを始めました。在宅ライター キーボード ブラインドタッチ私が在宅ライターを始めたきっかけは、求人雑誌に在宅ライター募集の記事が目に留まったことでした。

在宅ライターという仕事が気になって調べてみると、自分にも出来そうな仕事だったので「やってみよう!」って思ったのがきっかけでした。

在宅ライターになれる年齢は? 年齢制限や未成年でも大丈夫なの??

以前コメントを頂いたので、補足入れたいと思います。

在宅ライターになれる年齢ですが、基本的に高校生以上であれば大丈夫だと思います。
義務教育も終了していますし、もう大人です。ちなみに私は16歳から在宅ライターを始めまています。

年齢詐称などをせず、一般的な方法でOKでした!
まあ、会社や案件によって断られる事例もありましたが大半は大丈夫かと思います。

これまで私がやってきた在宅ライターの案件例

私がこれまで経験してきたライティングの一例を紹介していきます。

これから在宅ライターを始めようと思っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

sugiが書いたことのある記事◎ 交通事故に関する記事
◎ 交通事故の事例と弁護士相談の記事
◎ 宝石買取に関する記事
◎ ブランド品買取の記事
◎ 中古車買取の記事
◎ リフォームの記事
◎ 保険の記事

などを書いていました。

最初は記事単価が安いところから始めたのですが、毎週・毎月の納品量を増やしたりメールでやり取りをしていく過程で単価が上がった案件が多かったです。

そのほか、SEOの知識や専門分野の経験や体験談などがあれば単価は上がりやすいです。

また、私はブラインドタッチができるので1,500文字程度の執筆を10分とか20分で終わして納品してました。

入学したのが情報系の高校だったのでブラインドタッチの良い練習にもなって一石二鳥みたいな感じで執筆していました。

これまで執筆してきた案件の中には、高校生の私が知るはずのない「弁護士相談」の記事案件などもありましたが、調べながら書いて納品して間違った情報があれば修正するという流れで執筆していました。

知識や経験も大事ですが、クライアントが求めていることを正確に把握して記事にできれば在宅ライターとしてやっていけると思います。

在宅ライターのお給料 相場やsugiはいくら貰ってたの??

ここからは、皆さんが気になるお金の話です。

ずはり、在宅ライターのお給料っていくらだと思いますか??これは私の一例ですが、1ヶ月で5〜8万円ほど入ってきていました。

最高だと1ヶ月で15万ちょっと稼ぎました。
めっちゃ大変だったけど(笑)

記事単価は案件によって異なりましたが、私の場合は平均して1文字0.5円から2円ほどが相場でした。

まあ、やればやった分だけ入るのが在宅ライターなので…
高校生の私でも在宅ライターだけでこれだけの収入を得ることができました。

在宅ライターは在宅(どこでも自由な場所)で仕事ができ、記事を書くだけでお金が貰えるというのは非常に大きなメリットですよね。

やる気さえあれば、まさに誰でも「やってみる」ができる仕事だと思います。

在宅ライターを募集している企業・サイト まとめ

ここからは在宅ライターを募集している企業・サイトを紹介しておきます。

在宅ライターに興味があるけど、どこから始めたら分からない方は参考にしてみて下さい。

ちなみに、在宅ライターで初期費用や登録料などが発生するものは詐欺です。詐欺とまでは言わなくとも情報弱者相手に商売をしているとんでもない奴らです。
甘い言葉や高給に惑わされず地道にやっていくことを覚悟しておいてください。

1日数分の作業だけで万単位のお金が入ってくるのは、その仕組を作ったトップの人だけです。

情報商材のカラクリなんて大概そんなものなので。
気をつけましょう。

【クラウドワークス】ライター以外にもデザイン・プログラミングなど豊富な案件あり!

ライターはもちろん、デザイン・プログラミング・システム開発・構築案件など、フリーランスとして案件を受注する1つの窓口として活用できるサービスが「クラウドワークス」です。案件単価は高めですので、スキルさえあれば大きく稼ぐことも夢ではないサービスです。

スポンサーリンク

自分のスキルを試したい方はぜひ。

【Shinobiライティング】初心者向け 腕試しや実績作りにおすすめ

在宅ライターに関して、本当に右も左も分からない方におすすめなのがこちらshinobi ライティング 評価Shinobiライティングという在宅ライター募集ページがあります。

こちらは私も過去に利用したことがあります。

記事単価は安いですが、一度登録しておけば常時1000件以上の案件があり、そこから選んで好きな記事を書くことができます。

スポンサーリンク

「ちょっと空いた時間」など、移動中にスマホやタブレットで書いて稼ぐこともできます。

メールやりとりも一切ないので、コミニュケーションが苦手な方でも安心して始められます
タスク的に在宅ライターをやりたい方・初心なので簡単な手続きで始めたい

もちろん登録料などは無料です 

【Shinobiライティング】ライター募集ページ

【サグーライティング】単価の高い案件が多い! 在宅ライターに慣れてきたらこれ!

在宅ライターにもある程度慣れてきたなら『サグーライティング』というサービスを利用してみるのがおすすめです

サグーライティングでは『プラチナライター』という制度があって、プラチナライターになることが出来れば高単価(1記事1,000円〜)の案件がありますサグーライティング 儲かる

サグーライティングのプラチナライターになるには、プロとまではいかなくとも一定のライティング力が必要になります。

また、プラチナライターになるためには審査を受けなくてはなりませんが在宅ライターとして本気で稼いでみたいにはとてもおすすめのサービスです。

サグーライティングのプラチナライターには月収50万円を達成しているライターさんもいるので将来の可能性と展望があるサービスだと言えます

ちなみに、プラチナライターで『仕事を紹介したから金払え』とかってのもないのでご安心下さい。

登録も審査も無料です。

【サグーライティング】ライター募集ページ

【ココナラ】なにか教えるスキルがあればおすすめ!

ココナラ」は、自分の経験とスキルを売買できるサービスがあります。過去に何度かテレビで紹介されたことのあるサイトですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

「在宅ライター」を目指すなら読んでおきたい本

在宅ライターや物書きを目指す方に読んで欲しい個人的なおすすめ本も紹介します。

興味があれば読んでみてください。コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法本を読めば、書き方や人を惹きつける方法、情報や知識などが身につきますのでおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近は『アフィリエイトで月100万円』とか『1日たった数分でOO円ゲット』なんて広告がありますが、それらはメルマガ登録させて広告をじゃんじゃん配信して稼いでいるだけですので、その仕組を作る人にでもならない限りは良いように使われて結局稼げないで終わるのが当たり前です。

一方で、在宅ライターはやった分だけの完全出来高制でお金が入ってくるのでアフィリエイトなどと比べると確実であると言えます。

在宅ライターの募集は年々増えてきているので、興味のある方は今回紹介した在宅ライター募集ページに登録してみても良いですし、ネットで検索してみて良さげなものに応募して試してみると良いと思います。

ただ、間違いなく言えることは在宅ライターに初期費用は絶対に掛かりませんので初期費用を求められたら幾ら儲かると言われても辞退するのが懸命です

スポンサーリンク

どうぞ騙されることなく、ホワイトな在宅ライターを目指して頑張ってください!
では。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で