スポンサーリンク

みなさんこんばんは(・∀・)
先日から山形の実家に帰っているsugiです。

どこにいてもパソコン1つあればどこでも仕事出来ますので問題ありません!(笑)
相変わらず手広くやってます。

さて、今回は以前から「やろう」「やろう」と思ってたのに、お蔵入りになってた企画。

スイフトのバックランプをLEDに交換」をやってみました!

車のバックランプの種類で最も多いのが「ハロゲン球」タイプとよばれるもの。
私が乗っているスイフトも「ハロゲン球」でした。

べつに「ハロゲン球」でも良いですが、駐車時などバックした時に後方が暗くて視界が悪く、見た目も微妙なんですよね。

実際、私は全国の慣れてない道を走ったりする機会が多く、崖スレスレの場所でUターンしたり、極端に狭い場所に駐車したり、しかもそれが夜間であったりするので…
これまで後方を照らすバックランプが暗いせいで怖い場面が多々ありました。

また、見た目的な部分でも「ハロゲン球」に不満がありました。
sugiのスイフトには、HIDを入れたり、ポジション球ライセンス球までオールLEDに交換しています。

そう、残すは「バックランプ」だけなのです。

という訳で、バックランプをLEDに交換することにしたのでした。

スポンサーリンク

LEDバックランプは「ERUKA(エルカ) LEDバックライト 64連 2個セット」がおすすめ

LEDバックランプは、規格さえ合っていれば「ERUKA(エルカ) LEDバックライト 64連 2個セット」がおすすめです。

エルカ(Eruka) S25シングル 3014LED64連 明るさ価格サイズのBESTバランス 2個 白 検査色合選別済 SS-063-2S今回、sugiもエルカのLEDバックランプに交換していきます!

車検対応、LED球64個付き、2個セット、値段が1,500円前後とお手頃でコスパも良いです。
というか、最強ですね(笑)

LEDバックランプをカー用品店で購入して取り付けてもらうと、5千円はすると思うので、ネットで買って自分で取り付ければかなり安く上がります。

また、エルカのバックランプは、Amazonレビューも高評価が多く、不良品も少ないようです。

2018/03/03追記:エルカのバックランプに交換して2年ほど経ちますが、車検も問題なく通り、不具合などもありません。
せっかく取り付けて数日・数ヶ月後に点灯しなくなったのでは意味がないので、そういった意味ではエルカのバックランプは信頼できると思います。

スイフト(ZC11S)のバックランプの規格は「S25シングル」

私が乗っているZC11S型スイフトのバックランプ規格は「S25シングル」です。

おなじスイフトユーザーの方は「S25シングル」規格のバックランプを購入すればOK!

 

「LEDバックランプ交換」に用意するもの

LEDバックランプ交換に必要な道具はこちら

交換する「バックランプ」

交換するLEDバックランプ。
規格さえ合っていればどこのメーカー製でも大丈夫です。

 ドライバーorレンチ

バックライトユニットを外すのにドライバーが必要です。
車種によっては、レンチが必要になる場合もあるので確認しておきましょう。

内張り剥がし

こちらも車種によって必要になります。

私が知っている限り、セダン・プリウス・高級車は「内張り剥がし」が必要です。
これがないと、バックライトユニットを固定しているネジ部分に辿り着けないので、確認して用意しておきましょう。

「LEDバックランプ」を取り付ける方法

では実際に「LEDバックランプ」に交換する・取り付ける方法を紹介していきます。
今回はエルカのLEDバックランプで作業を進めます。

エルカ「LEDバックランプ」開封

パッケージはこんな感じ↓エルカ テールランプ

開封するとこんな感じで入ってました。
数えてないですが、これに64個のLEDがくっついているハズです↓バックライト LEDにしてみた

まずはスイフトの「バックライトユニット」を外す

スイフトの場合、めっちゃ簡単です。
↓バックライトユニットの2箇所がネジで留まっているのでこれを外します。スイフト テールランプ外し方ネジ2箇所を外したら、ライト上の方から手前に引っ張ります。
外すのに少し力がいりますが、まっすぐ引っ張れば大丈夫です。

スポンサーリンク

構造としては、表側2箇所にネジ留めされているほか、プラスチックの留め具が内側に付いています。↓スイフト バックライト 外し方ちなみに、今日の助手は弟(小学生)です!
最近は車が好きなんだとか。嬉しいものです(・∀・)

そんな私を横目に、家で飼っている愛猫登場↓ペット 猫 かわいい天気が良いので気持ちよくて出てきたみたいです。。。

で、バックライトユニットを外すとこんな感じ↓スイフト ライト分解※大丈夫だと思いますが配線を切らないように注意しましょう。

今回のお目当ては「バックランプ」なので黄色の配線が繋がっている箇所ですね。
蓋は回転式になっていますので、回せば取れます。

作業手順回す→抜く→電球交換→戻す→蓋を閉める

って感じで作業します。

LEDバックランプに交換しました↓スイフト ライト外し方あとは逆の手順でバックライトユニットを戻せばOKです。

外したバックランプは保管しておくのがおすすめ

外したバックランプがまだ使える場合は手元に保管しておくことをおすすめします。スイフトテールランプ交換使用途中にライトが切れたり、車検に通らなかったり(車検対応なのであり得ないけど)した時のために保管しておきましょう。

LEDバックランプはこんな感じ

バックライトユニットを元に戻したら作業完了です。
エルカの「LEDバックランプ」をスイフトに取り付けるとこんな感じになります↓スイフト 電球交換

拡大するとこんな感じ↓
バックライト LED 明るい

スポンサーリンク
見やすい バックライト

LEDのバックライトは純正ウィンカーとブレーキランプのデザインと形状が異なるため、近くで見ると多少違和感があるかもしれません。

個人的には、そこまで目立たないし、クルマに興味ない人は気付きもしないと思うのでこれで良いと思います。

むしろ、LEDだぞ!って分かった方がクルマ好きの間で小ネタにできるので面白いです(笑)

なにも言ってませんが、友人の何人かは「バックランプ明るくね?」とか「これ自分で付けたの?」なんて関心を持ってくれました。
やってみた本人としては嬉しい限りですね(笑)

LEDバックランプに交換すると暗所での駐車がラクになる!

LEDバックランプに交換すると夜の駐車が劇的にラクになります。体感として、LEDに交換したポジション球より明るい感じがします。

もう、純正のバックランプとは比べものになりません。スイフト バックランプ

スイフトバックランプ LED化

バックランプ 交換方法 led化ここまで明るくなれば、慣れない道路でUターンや駐車も安心です。
また、後方にバックカメラが付いているならバックランプが明るくなるので、映像が綺麗になるかもしれません。

【補足】車庫が暗くて困っている方はセンサー付きのライトを設置するのも良いと思います↓

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はハロゲン球からLEDに交換したので、明らかに効果を実感できる作業でした。

効果が実感できるのはやりがいもあって良いですよね!
今回の作業はすべて自分で行ったので、費用はバックランプ代だけ。

めっちゃコスパ良いです!

自分用だけでなく、家族で運転に自信がない方のために取り付けてあげるのも喜ばれると思います。

機会があればぜひバックランプ交換をやってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で