添加剤

Castrol(カストロール)の「エンジン内部洗浄剤」の評判が良かったので過走行スイフトに使ってみた! レビュー

スポンサーリンク

こんにちは、スイフトを納車してから毎日走っているので早くも過走行疑惑の出てきたsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、ネットで評判の良かった添加剤「Castrol(カストロール)エンジン内部洗浄剤」をスイフトに使ってみたので紹介したいと思います!

エンジン内部洗浄剤

過走行車やたまにしか車に乗らない方・エンジンの吹け上がりが悪いと感じている方はぜひチェックしてみてください。

「Castrol(カストロール) エンジン内部洗浄剤」を買ってみた!

ネットでの口コミ・評判が良かったので「Castrol(カストロール)エンジン内部洗浄剤」を買ってみました。

エンジン内部洗浄剤

エンジンのメンテナンスは添加剤を使うのがお手軽で便利

エンジンのメンテナンスは定期的なオイル交換やたまに高回転域まで回してあげることも大切ですが、添加剤を使うのがお手軽でおすすめです。

添加剤を使ってみてほしい車

❍ 過走行の車
❍ たまにしか乗らない車
❍ 製造年数が経過している車
❍ エンジンの回転が安定しない・不安定
❍ エンジンノイズ・振動が大きい
❍ エンジンの吹け上がりが悪い車

いま載っているスイフトのODOメーターは4万キロに迫る勢いで、年間2〜3万キロペースで走っているので、車のエンジンにも汚れが溜まっているだろうと思い「Castrol(カストロール)エンジン内部洗浄剤」を購入しました。選んだ理由はネットの口コミです。

「Castrol(カストロール)エンジン内部洗浄剤」の成分について

「Castrol(カストロール)エンジン内部洗浄剤」を買ってみた訳ですが、成分が気になったので調べてみました。大きくは「洗浄剤」と「石油系溶剤」が主な成分で表記されていました。

エンジン洗浄剤

期待できる効果

「Castrol(カストロール)エンジン内部洗浄剤」を使って期待できる効果は以下のとおり。詳細はアマゾン販売ページをチェックしてみてください。

燃料系統からエンジンまでしっかり清浄するエンジン内部清浄剤

❍ 満タン時に燃料タンクに入れるだけで燃費の回復のみならず、エンジンの燃焼効率を高め排ガスをクリーンにします。
❍ 配合された特殊PEAが発揮するコーティング効果により汚れの再付着を防止します。

Amazonより引用

目に見えて体感できる効果としては燃費と排ガスの色ぐらいでしょうか。せっかくなので使って検証してみます。

スポンサーリンク

「Castrol(カストロール)エンジン内部洗浄剤」の使い方

Castrolエンジン内部洗浄剤の使い方はとても簡単です。
前提として、使う前にガソリンタンクを満タンにしておきます。

スイフト メンテナンス方法


① ガソリンの給油口を開けます↓

スイフト エンジン掃除


② 中にCastrolエンジン内部洗浄剤を入れます↓

スイフト メンテナンス

これで完了です!
めっちゃ簡単ですね。

ガソリン添加剤は、ガソリンタンクに入れるだけでOKなので誰でも簡単にできるのもおすすめしたいポイントです。

「Castrol(カストロール)エンジン内部洗浄剤」を使った効果と感想

Castrolエンジン内部洗浄剤を入れた後、ドライブがてら山形から仙台まで往復100kmほど走ってきました。

入れてすぐは効果を実感できませんでしたが、仙台から山形まで帰る途中ぐらいからエンジンの吹け上がりが良くなったのを感じることができました。そのほか、アイドリング時のエンジン音が気持ち静かになったように感じます。

また、スイフトの純正燃費計でも通常の運転より少しだけ燃費が伸びました。ロングドライブをしたということもありますが、多少なりとも効果は出ているようです。

今回使ってみてなかなか良い感じだったので、今後もCastrolエンジン内部洗浄剤は定期的に使っていこうと思います!

メーカー推奨は5,000キロ毎に注入

メーカーとして推奨している使用目安は、5,000キロ毎に入れるのが良いみたいです。私のスイフトは過走行気味なので、5000キロごとに入れてるとコスパが悪くなるので、1万キロとか1.5万キロ毎にまた使っていきたいと思います。

【余談】アイドリングは環境にも車にも良くない

余談ですが、アイドリングは環境に悪いということは承知のとおりですが、実は車にも良くない行為です。久しぶりにエンジンをかけた車や、暖気を目的としたアイドリングは大切ですが、長時間のアイドリングはエンジンに汚れが溜まりやすくなるので、こういったエンジン洗浄剤を定期的に使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

普段から長距離を乗らない方や、エンジンを高回転まで回さない方もCastrolエンジン内部洗浄剤はおすすめです。「エンジンの音がうるさくなったように感じてきた」「マフラーから白煙が出てきた」「回転数が安定しない」などの初期状態でしたら、もしかしたらその症状も解決するかもしれません。

気になった方はぜひチェックしてみてください!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
sugi
sugi
旅と冒険とクルマとガジェットが好きな26歳 個人事業主 / ブロガー / アフィリエイト / Webデザイナー / ライター / フォトグラファー / 投資家 / 月間12万PVブログ (SUGI MAG)なかのひと / インドアなら猫とアニメと洋画があればいい

POSTED COMMENT

  1. アバター ZC32S乗り より:

    洗浄剤の主な成分はPEA(ポリエーテルアミン)です。エンジン内部の汚れを落として本来の性能を引き出すものです。
    洗浄剤はガソリンに溶け込んでエンジン内部の汚れを除去しますが、機械というは隙間がありますので最終的にエンジンオイルに洗浄剤が溶け込んでしまいます。
    エンジンオイルに不純物や汚れが混ざるので洗浄剤を使うときはオイル交換前に使うのが良いと思います。(できればオイルエレメント(フィルター)も交換)

    • アバター admin より:

      なるほど!
      知識不足で申し訳ありません(;_;)…

      そうなんですね!
      では次に使うときにはオイル交換前に使いたいと思います!
      ご教授ありがとうございます!!

      ちなみに、最近私のスイフトのエンジンはどういう訳かかなり調子良い感じです!
      毎日走る以外には特にこれといって何もしていないのですが…

ZC32S乗り へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA