スポンサーリンク

こんにちは、BMWオーナーのsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、BMW 3シリーズ(F30)の外観をスポーティーに変化させると話題のアイテム「補強バー(フロントグリル トリムストリップ(正式名称不明))」をカスタム・交換してみたので、ブログでもまとめて紹介してみたいと思います!

グリルの中に覗くオレンジのバーが今回の主役!

5,000円前後でプチカスタムできるので、秋の行楽ドライブ前に車をちょっと弄りたい方におすすめのカスタマイズです。

補強バー(フロントグリル トリムストリップ)をオレンジにしてみた!

BMW 3シリーズには、デフォルトでラジエーター手前に黒い補強バーが2本クロスで入っています。純正でも十分かっこいい(というか角度によっては殆ど見えない)ですが、今回のカスタマイズではオレンジ色に変更してみました。こんな感じに↓

昼間はこんな感じ!

このパーツの正式名称は不明なので間違っている・知っている方がいたら教えて欲しいのですが、とりあえず黒からオレンジ色にするだけで一気にスポーティーな印象になったのと「あ!こいつ弄ってるな!」ってなる”分かりやすい”仕上がりになりました(笑)

海外では結構話題になっているカスタムパーツ

フロントグリル トリムストリップのカスタマイズは、海外では結構話題になっているようで、日本でもジワジワ浸透してきているパーツになります。

sugiが乗っているBMWの外装はドノーマル仕様ですが、ノーマルでも意外と相性が良いかも。あちこち弄っていて、カラーを揃えるような加飾だともっとしっくり来ると思います。

またまた海外から輸入してみた(笑)

最近は海外のECサイトから直接BMWのカスタムパーツを輸入して弄るのがマイブーム。アマゾンや楽天では3,000円弱で売られている商品を1,500円弱で海外で購入して輸入しました。

商品的にはこれと同じだと思います↓

取り付け方法

ここからは実際に取り付ける方法を紹介してみます。

取り付け自体はそこまで難しくないですが、1つ1つのパーツの固定が想像以上に硬いので怪我しないように注意しましょう。パーツが壊れるリスクもありますが、思い切りも大事です。優しくやってたらマジで外れません!(笑)


まずはボンネットを開けます↓


フロントバンパーとボディの間にゴムパーツがあるので端から取り外します。軽く引っ掛けてあるだけなので引っ張れば手でカンタンに外せます↓


ゴムを取り外したら画像赤枠の部分にトルクスレンチで固定されている箇所が複数出てくるので1つずつ外していきます↓


こんな感じ。結構汚れが酷かったので作業しながら掃除しておきました↓

トルクスレンチをまだ持っていない方は用意しておきましょう↓

スポンサーリンク


フロントバンパーはトルクスレンチのほか、画像赤枠にあるクリップ(爪)で固定されているのであとは手前に引っ張ってボディとバンパーの間に隙間を作ります↓

本来であれば全てバンパーを取り外すのが正解なのですが、センサーやらウォッシャーやら色々入っていて面倒そうだったので小さな隙間から手を突っ込んでキドニーグリルを取り外しました(笑)

グリルは画像のとおり8箇所がクリップで固定されているので、内張り剥がしを使って1つずつ外していきます。順番的は以下のとおりだと作業しやすかったですが、自由にやってOK↓


結構大変かもですが、戻すのは楽勝なので頑張って外しましょう(笑)
片方のグリルが外せると、もう片方は手が届きやすくなるのでラクに外せます↓


あとはむき出しになった補強バーにオレンジのバーを被せれば作業完了!
中華製の割にしっかりハマりました↓


ついでだったので取り外したキドニーグリルを丸洗いしてきました(笑)
なかなかシュールな光景です↓


あとはラジエーターに付いた虫を傷つけない範囲でつまみ出しました↓

スポンサーリンク


最後にキドニーグリルを元に戻してバンパーを固定すればOK↓

注意点として、バンパーとの隙間が若干ずれる可能性があるので本締めする前に少し緩めに付けて微調整するのがおすすめです!

周囲からの評判は賛否両論だったが写真映えはなかなか◎

個人的な感想としては結構アリかなと思って周囲に聞いてみたところ「派手」「なんか微妙」との声がある一方で「かっこいい!」「俺もやりたい!」といった声もあり、好みがはっきり分かれるパーツなんだと思いました。

車高下げたり色々弄ってると様になるでしょうが、ノーマル仕様の3シリーズだと確かにちょっと浮いている感があるのも歪めないので、トータルバランスを見ながらカスタムパーツの1つとして検討すれば良いかなと思います。

まとめ

今回はBMW 3シリーズ(F30)の外観をスポーティーに変化させる話題のアイテム「補強バー(フロントグリル トリムストリップ(正式名称不明))」を紹介してみました。

結局はトータルバランスで印象が大きく変わってくると思いますが、写真映えもよく個人的にはかなりアリなカスタムだと思います!

ちなみにsugiはダイヤモンドグリルを海外から調達中なのでもう少しで取り外すかもですが、しばらくは写真を撮りつつオレンジバーを楽しみたいと思います。自分でDIYすれば5,000円弱で交換できるので、気になった方はぜひ一度パーツもチェックしてみてください!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で