スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

ベルサール秋葉原で開催されたPioneer(パイオニア)の新製品発表会に行ってきました。発表された新製品のラインナップとsugiが気になった商品を紹介したいと思います!カーナビの購入を検討されている方は参考までに。

本日発表された新製品

Pioneer(パイオニア)は10月2日、新型のサイバーナビ、ハイエンドオーディオカーナビ Xシリーズ、楽ナビほか多数の新製品を発表しました。

本日発表された「サイバーナビ」8製品

❍ AVIC-CQ910-DC
❍ AVIC-CQ910
❍ AVIC-CL910-DC
❍ AVIC-CL910
❍ AVIC-CW910-DC
❍ AVIC-CW910
❍ AVIC-CZ910-DC
❍ AVIC-CZ910

2019年冬モデル 最新の「サイバーナビ」のココがすごい!

2019年冬モデルの新型「サイバーナビ」は、付属品や画面サイズが異なる8種類のモデルを発表。店頭想定売価は15〜21万円(税別)。最新サイバーナビのすごいポイントを以下で詳しく紹介していきます。


デザインは物理ボタンなどがすべてフルフラットになり、シンプルな印象になっています。搭載しているディスプレイはIPS方式のHDパネルで、サイバーナビ試乗最高画質で映像を楽しむことができます。

車内がWiFiスポットになる!? 「これが欲しかった!」というカーナビに

注目ポイントはNTTドコモの回線が定額で使い放題になる新サービス「docomo in Car Connect(ドコモ インカーコネクト)」。車内がWiFiスポットになるので、YouTubeを再生したり、これまで車内で使うのが難しかったAmazon Fire TV、Chromecast、電源が取れればApple TVなども利用できるようになります。


これまでは、WiMaxや通信量の多いSIMカードなどでペアリングしたり、HDMIケーブル経由でカーナビにYouTubeの画面を映したりなどなど、面倒な手順が必要でしたが、そういった手間が一切なくなります。サイバーナビがWiFiルーターになるのはかなり大きなポイントです。

実際にYouTubeを再生している様子

地図更新もWiFiで更新できる

新型サイバーナビは購入から最大3年分の地図更新が無料で付属してきます。さらに「MapFanスマートメンバー」に加入すれば追加で1年分の地図更新も無料で行うことができます。

これまで地図更新データが入ったCDやUSBメモリやMicroSDなどを経由して時間をかけて行う必要がありましたが、新型サイバーナビでは地図更新がWiFi経由で行えるようになりました。しかも更新はバックグラウンドで行うことができるのもポイントです。

ドコモ インカーコネクトの月額・年間利用料金は?

ドコモ インカーコネクトの利用料金は、以下のプランから選ぶことができます。完全定額制のサービスになっているので、速度制限や使用容量(パケット)制限などは一切ありません。ナビ購入日から1年間は無償で使い放題なので、2年目以降に継続して利用するか検討できます。

インカーコネクトの料金プラン

❍ 1日(24時間):500円
❍ 30日:1,500円
❍ 365日:12,000円

現時点で対応しているテレビレコーダー

現時点で対応しているテレビレコーダー機種は以下のとおり。
SONY機種は今回すべて未対応とのこと。

地上デジタル放送はもちろん、これまでは難しかったレコーダーで録画したCS、BS番組も視聴できるようになったのもポイントです。

画面について

映像コンテンツはもちろん、地図やメニューなども美しく表示することができるIPS方式を採用したHD液晶画面を搭載。サイバーナビ史上最高画質を実現しています。

音響について

ハイレゾ音源の再生に対応しているほか、ハイレゾではない音源ソースをハイレゾ相当まで高音質化できる「マスターサウンドリバイブ」を搭載しています。

スポンサーリンク

UIデザインも新たに刷新

UI(ユーザーインターフェイス)も刷新され、近代的で上品なデザインになっていました。以前のサイバーナビのデザインも嫌いではないですが、より洗練された印象を受けます。

背景のアニメーションは、その日の天候や再生中の音楽ジャケットの色に合わせたものや、クリスマスや正月などイベント日に合わせて変化します。6月21日はパイオニアで初めてカーナビが発売された記念日とのことで、当時のキャッチコピー「道は星に聞く」というワードとアニメーションが表示されます。 

ハイエンドオーディオカーナビ Xシリーズも発表された

サイバーナビのなかでもオーディオに特化しているのがハイエンドオーディオカーナビ「サイバーナビ Xシリーズ」です。

スポンサーリンク

今回は7インチと8インチの2種類が新たに発表されました。会場では新製品を実際に視聴できるブースがあったので視聴してみました!

最新のサイバーナビ Xシリーズのデモ視聴! 車種はスバル WRX STI
サイバーナビXシリーズのほか、アンプやスピーカーなどオプションで100万近く掛けているとのこと。
5分間で何曲か視聴させてもらった
ツィーターはこんな感じ!

実際に5分ほど視聴してみて感じたのは「目の前で演奏している感じがある」「ボーカルのトロっとした感じ?が伝わってくる」「太鼓など楽器の振動がリアルすぎる」といった感じでした。

先日BMWのスピーカー交換(2万円前後)をして喜んでいたsugiですが、ここまで来るとまったく別次元ですね。凄すぎます。

今回発表された新製品 まとめ

最後に今回発表された新製品のスライドをまとめて紹介しておきます。いずれも年内発売予定となっています。

車種専用 / サイバーナビ Xシリーズ
楽ナビ
カーオーディオ
パワードサブウーファー / ワイヤレス充電パッド
マルチドライブアシストユニット / ネットワークスティック
ETCキット

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は2019年 新型サイバーナビの新製品発表会の様子を紹介しました。ついにカーナビにもWiFiが搭載され、これからますますIoT化が進んでいくのだと感じました。

Pioneerのカーナビは先進性とエンターテインメント性に大きく舵を切っているカーナビだと思うので、車でYouTubeが観たい!家で録画した映像が観たい!などといった用途ではとても満足できると思います。

またWiFiをカーナビに内蔵することで、災害時にも活躍してくれるのでは。と期待しています。これからのカーナビの形と役割には目が離せないですね。新型サイバーナビの発売予定は11月なので、新しくナビの購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で