スポンサーリンク

こんにちは、引きこもり系フリーランスのsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、コストコで販売されているBayside Furnishings メッシュオフィスチェアーを2年間ほど長期で使ってみたので、今回は使ってみての感想や購入の経緯について紹介してみたいと思います。

コストコのオフィスチェアが気になっている方は必見です!

ちなみに現在は、より腰痛対策ができるドイツ製の「デュオレスト」というオフィスチェアに買い替えて快適に使っています↓

コストコでオフィスチェアを買ってみた!

コストコでオフィスチェアを購入したのは今から約2年前。正確には2年半ほど前になります。千葉から埼玉に引っ越しをした際、心機一転ということで椅子も買い替えてつい先日まで使っていました。

ブログで何度か紹介しようと思っていたのですが、どうもタイミングを逃してしまい結果として長期使用レビューという形でお蔵出しになります(笑)

実売価格12,000円弱とお手頃

気になるお値段ですが、オフィスチェアの中では安価な部類の12,000円弱で買うことができました。コストコの価格はセールやキャンペーンなどで頻繁に値段が変わりますが、14,000円ぐらいで考えておけば買えると思います。

とにかく重いので購入は一苦労

今回は友人と二人で買い物に行ったので良かったですが、この椅子はかなりの重量級商品です。下手したら20キロ以上はあるのではないか。ってぐらい重いので、購入して持って帰るのも実は結構大変でした↓

商品は自分で組み立てが必要

この商品は完成品ではないので自分で組み立てが必要になります。必要な工具類はすべて同梱されているので、説明書を見ながら割と簡単に組み立ることができますが、とにかく重いので結構大変でした(笑)

組み立て後のオフィスチェアがこちら

組み立てが終わったオフィスチェアがこちら。
実物はコストコにも展示があるので興味のある方はそちらを座ってもらうとして、想像より横に大きな椅子でした↓

肘置きは可倒式
長さも伸縮できる
昇降と座面位置調整ができる
脚部の剛性はかなり高い
本体は通気性の良いメッシュ材質

実際に座ってみた感想

ここからは実際に座ってみて、2年間使ってみての感想を書いていきます。

スポンサーリンク

座り心地は悪くないが、、

まず、肝心な座り心地についてですが、ずっしりと構える感じで大きめの椅子なので、一般的な体格のsugiが座るとやや持て余す感があると感じました。そもそもがアメリカ仕様のサイズ感なので、大柄な方の方がこの椅子は合っているのだと思います。

ホールド感とかは国産のオフィスチェアの方が正直なところ優れています。

しかし、横幅が広く余裕があるのと、メッシュ材質で通気性が良いので夏場は長時間座っても蒸れにくいのは良かった点です。

デザインはアーロンチェアに似ている!

sugiがこの椅子を選んだ1つの理由に「デザイン」があります。オフィスチェアに詳しい方なら一度は憧れたことがあるであろう10万円以上する高級椅子メーカー「アーロンチェア」のデザインに似ているんですよね↓


これがアーロンチェア↓

機能面はシンプルだが侮れない

機能面では、肘置きの位置を調整できる機能と、跳ね上げができる点が1つポイントになってきます。机の高さに合わせて位置を調整できるので結構便利です↓


座面の高さ調節も本体が重たい割に軽い力で操作できるのは良かったです↓

耐久性・剛性(安定感)は価格以上の価値アリ!

sugiが最も評価したい点は「耐久性」についてです。

sugiは一般的な体型なのでそこまで負荷の掛かる座り方はしていませんが、買ってからほぼ毎日座っていた割に、座面のメッシュが伸びたり座り心地が悪化することもなかったです。

また、1万円前後のオフィスチェアだと部品が緩んだり、そもそも剛性が足りずにカクついたりする場合がありますが、コストコのオフィスチェアに関しては一切そういったことは無かったです。メーカー公称の耐荷重は135kgまでとなっているので、sugiが2年間座ったぐらいでは余裕といった感じなのかなと思います(笑)

まとめ

今回はコストコで販売されているオフィスチェアを紹介してみました。

現在は腰痛対策に特化したオフィスチェアに買い替えていますが、2年間使ってみて大きな不満やトラブルもなく優秀な椅子でした。体重が重めの方や、耐久性・コスパ重視で長く使える椅子をお探しの方は気に入るのではないかなと思います。

スポンサーリンク

気になった方はコストコでサンプル展示がある場合が多いのでぜひ一度座って実力を確かめてみてください!

では

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で