スポンサーリンク

こんにちは、クルマ好きのブロガーsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、PAPAGO!(パパゴ)というメーカーから発売されたミラー型ドライブレコーダー「GoSafe 372V3」を紹介したいと思います!


純正のルームミラーよりGoSafe 372V3の方が若干視野が広がるので、ワイドミラーを買おうと思っていた方にもおすすめです!

GoSafe 372V3の特長

GoSafe 372V3は、好評だった先代モデル「GoSafe 372V2」の内部部品を強化したほか、細かな仕様改良が加えられた新モデルになります。


もともとパパゴのなかでも人気の高いモデルだったのですが、新モデルはどんな仕上がりになっているのでしょうか。

商品の特長

❍ いま話題のミラー型
❍ 4.5インチモニター内蔵
❍ 防眩加工処理されたミラー
❍ 純正ミラーより若干視野が広がる!
❍ フルHD画質で録画できる!
❍ 広角135°
❍ メモリーカード32GBが付属
❍ あおり運転防止ステッカーも付属

パッケージ

PAPAGO!のパッケージは情報量がヤバいです。店舗販売も想定されているので情報量は必然的に多くなるんだとか(広報担当より回答)。このほか日本語説明書が入っているので使い方で困ることはなさそうです。

本体

GoSafe 372V3本体がこちら。


ボタンはすべて運転席側に付いており、操作性は良い感じ。事故などが起きた時に上書きされないフォルダに保存される「緊急録画」ボタンが独立して付いているほか、操作ボタンは3つに集約されています。


レンズも運転席側に付いています。
レンズは上下左右に動くので角度調整は簡単に行なえます。


ミラー型ドライブレコーダーはゴムバンド式が主流となっていますが、パパゴは一貫して挟み込むタイプを採用しています。理由を担当者に聞いたところ、ゴムバンド式は劣化で切れて落下する恐れがあるためだそうです。確かに運転中にルームミラーが落ちてきたらビビりますからね。。

付属品

説明書、保証書、メモリカードフォーマットについての注意書きなど一式↓


ドライブレコーダー搭載ステッカーも付属しています。普通に買うと500円〜1,000円弱するものが付属しているのは嬉しいポイント。デザインも良いですし、反射素材と防水加工された素材なので耐久性もあります↓


シガーソケット電源ケーブル。
長さは約4mあり他社製品とほぼ同じ長さです↓


メモリーカードは32GBが付属しています。最高画質で録画しても約10時間20分も録画できるので、あまりクルマに乗らない方は追加で買う必要はないかも。

一応、最大64GBのメモリーカードまで対応しています。64GBのメモリーカードなら、およそ20時間30分も連続録画できます。営業車やロングドライブが多い方には最適ですね。

別売オプションでVGA画質のリアカメラも用意されている

さらに別売オプションで「GoSafe 372V3専用リアカメラ」も発売されました。

VGA画質なので過去にレビューしたパパゴのリアカメラ「S1」の画質には遠く及びませんが、リアカメラを使ってみたい!無いより良いでしょ!って方には良いのではないかと思います。価格も安価なのでGoSafe 372V3を買った方で興味のある方は検討してみてください。

GoSafe 372V3専用リアカメラのスペック

❍ 型番:A-GS-G37
❍ レンズ:F2.2 広角レンズ(対角150° 水平115° 垂直90°)
❍ 防水レベル:IPX7防水設計

【注意】購入前にミラー寸法を確認して

注意点として、取り付け前にはミラー寸法を確認してみてください。sugiが乗っているBMWの 3シリーズ(F30)はミラー形状が特殊なため取り付けが出来ません。ミラー形状が特殊な車種は取り付け前に寸法を確認することをおすすめします。

トヨタ C-HR(レンタカー)に取り付け!

今回は埼玉県から群馬県の宝台樹スキー場までトヨタ C-HRを借りて運転した際に取り付けて録画してみました。メモリーカードは付属している32GBで往復分をしっかり録画できました!


C-HRはタイムズレンタカーで借りました。
在庫車があれば同じ料金でBMW X1も借りられるようです。

スポンサーリンク


本体取り付け後はこんな感じ。
ミラー型なのでレンタカーでもワンタッチで取り付けできるのは嬉しいポイント。両面テープや吸盤マウントよりもラクです↓

また、クルマのルームミラーが変わると運転しにくい事もありますが、GoSafe 372V3は純正ルームミラーよりも視野が広いワイドミラーなので、慣れれば運転がラクになるのではないかと思います。

スポンサーリンク

今回はリアカメラも取り付けて検証

今回はリアカメラも一緒に取り付けてみました。防水対応なので社外にも取り付けできますが、レンタカーなので車内へ取り付けました↓

4.5インチモニターが内蔵されている

本体には4.5インチのモニターが内蔵されています。録画した映像がしっかり撮れているか確認するのと設置を行うには十分な大きさがあります。走行中は映像をオフにした方が見やすい印象でした。

防眩ミラー

ミラーは防眩タイプなので、日中もやや暗めに映る印象があります。個人差によって見にくいと感じる方もいるかもしれませんが、しばらく使っていると徐々に慣れてくると思います。後方を走るクルマのヘッドライトの眩しさがだいぶ抑えられます。

純正ミラーより視野が広い

実際に使ってみると分かりますが、純正ミラーよりも視野が広がり運転しやすくなります。ホームページの情報によると、曲面率1400Rのワイドミラーが採用されているとのこと。

GoSafe 372V3 走行映像

GoSafe 372V3の走行映像はYouTubeにアップしました。実際の画質については動画をチェックしてみてください。

https://amzn.to/38AbYYy

全体的に綺麗に録画できている印象

画質については、昼夜を問わず全体的に綺麗に録画できている印象でした。価格帯もミラー型ながら安価な部類に入りますので、初心者向けのエントリー・入門機といったところですが、夜間の明るさは上位モデルと比べるともう少し頑張って欲しいと感じました。日中の映像は文句なしです!

録画映像はフルHD

録画映像はフルHDに対応しています。フルHDはドライブレコーダーとしてはスタンダードな録画画質で、前方を走るクルマのナンバープレートを拡大してしっかり認識できる性能がありました。

HDR映像補正が搭載

トンネルの出入り口などの急な明るさの変変化を補正する「HDR補正」が搭載されています。映像補正スピードや補正強度は先代モデルとほぼ同じぐらいでした。

全国LED信号機の録画に対応

全国LED信号機の録画に対応しています。
今回は東日本エリアのみの走行でしたが、問題なくLED信号機の色を記録できていました。

リアカメラはあくまでおまけ程度の画質

リアカメラがオプションで用意されているので期待している方も多いかと思いますが、正直なところVGA画質なので鮮明な映像は期待できません。

実際に録画した映像を見ても全体像を把握するには使えますが、ナンバープレートや相手の顔を鮮明に記録するのには限界があります。そもそも画質がVGAなので”素晴らしいカメラ”ではありません。実際の画質はYouTubeにアップした動画をチェックしてみてください。


前後2カメラでもっと画質が良いモデルが欲しい方は、リアカメラがIPX7の防水設計・広角180°で録画できるリアカメラ「S1」が使える、ワンランク上のGoSafe M790S1などがおすすめです。

スポンサーリンク

PAPAGO!オリジナルの安全機能も魅力的!

このブログでは何度も紹介していますが、パパゴのドライブレコーダーには安全機能が多数搭載されています。今回は「速度制限標識警告」に20kmの標識を認識する機能が新しく追加されています。

パパゴの安全機能はかなり充実!

❍ 速度制限標識警告(20km標識認識が追加!)
❍ 出発遅延警告
❍ ライト点灯忘れ警告
❍ ドライバー疲労警告
❍ 速度超過警告

再生ソフトは無料でダウンロードできる!

ドライブレコーダーで録画した映像は、Windowsメディアプレイヤーなどでも再生できますが、PAPAGO!ホームページから無料でダウンロードできる再生ソフト「CAM ON PLAYER」でも再生できます。

【余談】テレビ番組「ポツンと一軒家」に登場しているのはパパゴのGoSafe 34Gではないか説

sugiはあまりテレビを見ないのですが、少し前に放送されたテレビ朝日の「ポツンと一軒家」という番組内でPAPAGO!っぽいドライブレコーダーがチラっと写っているのを発見。気になって調べてみたところ、使われている機種はPAPAGO! GoSafe 34Gっぽい感じです(確証はない)。

#メディア掲載 テレビ番組『ボツンと一軒家』和歌山県編でPAPAGO!ドライブレコーダー「GoSafe 34G」が出演!? 番組https://www.asahi.co.jp/potsunto/#ドラレコ #ドライブレコーダー #papago #papagojapan #パパゴ #ポツンと一軒家 #テレビ #和歌山県 #テレビ朝日 #tvasahi

Papago Japanさんの投稿 2019年5月28日火曜日


しかも、「ポツンと一軒家」の番組を担当するディレクターのインタビュー記事では以下のように紹介されていました。

臨場感を出すため、ドライブレコーダーとドローンでの撮影を駆使しているのも特徴だ。

ポツンと一軒家:疑似体験とドラマ性で視聴者を魅了 番組Pが語る制作の裏側

険しい道をクルマで走っているシーンが度々登場するのですが、カメラを取り付けている位置を考えると、どうもドライブレコーダーの映像をそのままテレビで使っているような感じなんですよね。

確かにGoSafe 34Gの画質が良いのはsugiも知っていますが、ドライブレコーダーの映像がテレビ放送のクオリティーに耐えられるのだとしたら、、 結構すごくないですか??(憶測だけど)

まとめ

今回はPAPAGO!のミラー型ドライブレコーダーがバージョンアップして登場したので紹介してみました。

今回の新しいミラー型タイプは、使い勝手や良い点は先代モデルから上手く引き継がれ、新たにユーザーからの要望に応えたモデルに進化していると感じました。

ミラー型ドライブレコーダーで画質が良いドライブレコーダーをお探しの方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

では

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で