スポンサーリンク

こんにちは、最近あまりBMWを弄れていないブロガーsugiです。

今回はタイトルにもあるとおり、BMWにも取り付けができるドライブレコーダー「AKY-V360S」について紹介したいと思います!ブランドはAKEEYOになります↓

フロントカメラ
リアカメラ

このドライブレコーダーは、360度+リアカメラ録画が可能な最新ミラー型モデルなので「ミラー型ドライブレコーダーが欲しい」「360度録画ができるドライブレコーダーが欲しい」という方には特におすすめ。

あおり運転のなかでも、降りてきて高圧的な態度を取られたり、左右に追突されるトラブルなども逃さず記録できるので、ドライブレコーダーの購入を検討中の方はぜひ最後まで読んでみてください。

今回紹介したドライブレコーダーを最安で買う方法

【公式】AKEEYOオンラインストアがオトク!
クーポンコード:AKY781(新規登録で5%オフ)

AKY-V360Sの特長

AKY-V360Sは、360度録画+リアカメラという組み合わせのミラー型ドライブレコーダーになります。写真では分かりにくいですが、ミラー部分が全面液晶ディスプレイになっており、操作はタッチパネル上で行うことができます↓


リアカメラは防水対応ではないので車内に取り付けました。リアカメラの角度調整はディスプレイ上で行えます↓

特長

❍ 360度カメラ+リアカメラ(フルHD)で広範囲を録画できる!
❍ 最新のミラー型
❍ SONY STARVIS搭載
❍ 最新のHUD機能搭載
❍ 駐車監視機能搭載
❍ 再生は専用ソフトが必要(無料ダウンロードできる)

今回紹介したドライブレコーダーを最安で買う方法

【公式】AKEEYOオンラインストアがオトク!
クーポンコード:AKY781(新規登録で5%オフ)

AKY-V360S 開封

それでは早速開封していきます。

パッケージ

パッケージデザインはこんな感じ。シンプルなデザインながらしっかり日本語表記があり安心できます。海外メーカーですが日本市場での販売にかなり力を入れている印象です↓

本体

こちらがドライブレコーダー本体。
ミラー型で下側に360度カメラが付いています↓


こちらが360度カメラ。角度調整もできます↓


背面はこんな感じ。
放熱のためのヒートシンクが大きめに取られています↓


ミラーに傷が付かないよう保護ラバーもしっかり付いていました↓


付属品はシガーソケット↓


リアカメラ↓


説明書とサンクスカード↓


ミラーに取り付けるゴムバンド↓


リアカメラ用取り付けの変換アダプタ↓

スポンサーリンク


GPSアンテナ↓


マイクロクロス↓


内張り剥がし↓

スポンサーリンク

付属品は結構豪華で「内張り剥がし」まで入っていました!
そのほか、メモリーカードは32GBが本体に直接挿入された状態で届きました。

360度録画できるドライブレコーダーのデメリット

360度録画できるドライブレコーダーは、一般的な1カメラ、2カメラと比べて基本的にメリットしか無いように思えますが、実は3つのデメリットがあることを先に書いておきます。

価格が高い!?

1つは価格。
これまで360度録画できるドライブレコーダーは3万円以上のモデルが多く、なかなか敷居が高いのが欠点でしたが、AKY-V360Sなら2.5万円ほどで購入することができ、かなり敷居が下がってきた印象です。

録画時間が短い!?

2つは録画時間が短いこと。
こればかりは倍の情報量を記録しているので仕方ないです。ロングドライブをする方はメモリーカードの容量を増やして使うしかありません。360度ドライブレコーダーは、録画時間だけ妥協が必要です。

画質が悪い!?

360度ドライブレコーダーは、解像度の都合などもあり画質が劣化してしまいます。しかし、AKY-V360Sは360度カメラ+リアカメラという2カメラ方式を採用しているので、画質劣化が当初心配していたより少なく、鮮明に記録できていました(詳細は後ほど紹介)

それ以外はメリットが大きい!

一方で、上記以外にはメリットが多いドライブレコーダーだとsugiは考えています。これまでBMWのミラー形状が特殊で取り付けを諦めていただけの話で、取り付けができるなら話は別。ミラー型ドライブレコーダー、めっちゃいいじゃないですか!

BMW 3シリーズ(F30)にAKY-V360Sを取り付け!

というわけで、愛車のBMW 3シリーズ(F30)に取り付けてみました!
BMW純正のミラー形状は、このように湾曲しているので従来のミラー型ドライブレコーダーの取り付けは難しい状況でした(中にETC入ってるからこんな形してます)↓


取り付けて一通り配線まで完了したのがこちら↓

正面(2画面モード)
正面(リアカメラモード)
側面
GPSアンテナも設置

ミラー型デザインでカッコいい!

本体には物理ボタンがなく、操作はすべてタッチパネル式なのでスマホ操作に慣れている方であれば違和感なく操作できると思います。タッチ感度も良くストレスなく快適に扱えました↓

また、取り付けた時の仕上がりが良かったです。思ったより純正ミラーに馴染んでいたこと、グラつきがなく安定していること、画面は明るさ調整ができないものの明るく視認性が良いことなど、いずれも想像以上でした。

360度録画+リアカメラ録画は心強い!

本体下に付いているカメラは360度録画に対応しており、さらに後方にはフルHDのリアカメラが付いてるので死角がかなり少ないです。プレビュー画面で映像を確認してみると分かるのですが、どの方向で事故があってもしっかり記録できるのはかなり安心感が高いのではないかと思います↓

前後フルHD録画に対応

AKY-V360Sは、前後フルHD録画で録画に対応しています(書き出し時の画質)↓

実際の走行映像は全体的に鮮明に記録できている印象で、ナンバープレートもしっかり判別できます。書き出し時に画質はやや落ちますが、撮って出しの映像はより鮮明に記録できています。

リアカメラはSONY製スタービスセンサー搭載

リアカメラにはSONY製のスタービスセンサーが搭載されています。実際の走行映像を観てもらうと分かると思いますが、一般的なセンサーより全体的に明るさが持ち上げられているので、街灯のない道路でも輪郭の分かる映像が記録できています。

スポンサーリンク

映像再生・書き出しはやや面倒

360度ドライブレコーダーの欠点は専用ソフトでないと再生できない点です。sugiはMacユーザーということもあり、録画した映像を再生するには本体の画面で確認するかWindowsパソコンを起動する必要があるのでやや面倒です。

WDR補正

映像の白とびや黒つぶれを補正する「WDR(ワイドダイナミックレンジ)補正」が搭載されています。WDR補正はHDR補正よりも映像への負荷が少ないので画質の劣化が少なく記録できていました。

外付けGPS

外付けGPSアンテナが付属しているので、日付や走行ルートを記録してくれます。録画した映像の下部に情報が記録されます。

全国LED信号機対応

私は東日本エリア(埼玉)在住なので、西日本エリアは未検証ですが東日本は問題なくLED信号を記録できました!

駐車監視対応

駐車監視モードを搭載しているので、別売の「AKY-V360S専用常時電源ケーブル」を使うか、モバイルバッテリーなどを接続して電源が取れるようにしておけば駐車監視機能が使えるようになります。

ドライブレコーダーの配線方法はこちら

ドライブレコーダーの取り付け方法については別記事で紹介しているので、ぜひそちらをチェックしてみてください。

まとめ

今回はAKEEYOの360度ドライブレコーダーを紹介してみました。

Windowsを持っていないsugiとしては動画の書き出しで手間取りましたが、ドライブレコーダー自体は死角なく鮮明に映像を録画できるのでおすすめ。とくにBMWの純正ミラーにも取り付けができるのはかなり便利!

スマートミラー型のドライブレコーダーが気になっている方はぜひAmazonの商品ページもチェックしてみてください!

では

今回紹介したドライブレコーダーを最安で買う方法

【公式】AKEEYOオンラインストアがオトク!
クーポンコード:AKY781(新規登録で5%オフ)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で